税込5,400円以上で送料無料
大丸松坂屋オンラインストアをご利用中のお客様へ
【夏フェスにもおすすめ!】くずれにくい&紫外線対策できるベースメイクレシピをご紹介。 #MAQUIA

【夏フェスにもおすすめ!】くずれにくい&紫外線対策できるベースメイクレシピをご紹介。 #MAQUIA

MAQUIAエキスパート
maki
2024/07/07
早いもので今年も7月。いよいよ夏本番ですね。夏はフェス、お祭り、海などなど、楽しい予定がたくさん!という方も多いのでは?

紫外線を極力避けたい私が、外出する際に特に力を入れているのがベースメイク。さんさんと降り注ぐ紫外線を防ぎ、暑い季節に避けられない汗や皮脂に強いベースメイクに毎年注目しています。

そこで今回は、夏フェスなどのアクティブな予定にもぴったりな、紫外線対策できる、くずれにくいベースメイクレシピをご紹介します。日中のメイク直しのコツについてもシェアしていきますので、ぜひ参考にしていただけると嬉しいです。

01
下地:〈クレ・ド・ポー ボーテ〉「ヴォワールルミヌ〈医薬部外品〉」

まずは下地。今年4月に価格改定があったことで手に取る方も多かったであろう、〈クレ・ド・ポー ボーテ〉のベースメイクアイテムです。〈クレ・ド・ポー ボーテ〉の下地は何種類かあるのですが、私のおすすめはこの「ヴォワールルミヌ〈医薬部外品〉」。

この下地は、美白有効成分である4MSK(※1)が配合されており、メイクしながら美白(※2)ケアできます。

そしてピンクベージュのカラーが肌のアラを程よくカバーしてくれ、一つで仕上げてもほどよいカバー力があります。トーンアップ(※3)効果もあるのですが、とてもナチュラルな仕上がりなので全顔使用でも使いやすい。さらに、SPF38・PA+++で、紫外線カット効果も。

※1 4-メトキシサリチル酸カリウム塩
※2 メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと。
※3 メイクアップ効果によるもの。

02
カラーコントロール:〈ジバンシイ〉「プリズム・リーブル・スキンケアリング・コレクター 」

続いてはカラーコントロール。〈ジバンシイ〉も、各所のベストコスメでよく見る話題のアイテムです。カラー展開としてはグリーン・ピーチ・ブルーと3色ですが、私の一押しは透明感たっぷりのブルー。
このアイテムは透け感のある絶妙なブルーカラーで、肌の透明感を演出してくれます。

先ほどご紹介した〈クレ・ド・ポー ボーテ〉の下地を全顔に付けた後に使用するので、こちらは特に明るく見せたい顔の中心部分にオン。鼻筋や頬の高い位置に入れると、ハイライトを入れなくても陰影感のある自然な立体フェイスに仕上がります。

03
ファンデーション:〈ボビイ ブラウン〉「インテンシブ セラム ファンデーション」

お次はファンデーション。〈ボビイ ブラウン〉「インテンシブ セラム ファンデーション」は、保湿成分たっぷりの美容液のようなリキッドファンデーションです。

するすると伸びる使い心地がよいテクスチャーで、仕上がりはどちらかというとツヤ系。朝にメイクした際に綺麗なツヤ肌に仕上がるのはもちろん、その仕上がりが長時間続くのが「インテンシブ セラム ファンデーション」のすごいところ。ラスティング力もある優秀ファンデーションなのです。

ちなみに、先ほどの〈クレ・ド・ポー ボーテ〉「ヴォワールルミヌ〈医薬部外品〉」と〈ジバンシイ〉「プリズム・リーブル・スキンケアリング・コレクター ブルー」で綺麗なベースを作っているので、少量をさっと伸ばすだけでもきちんと感のあるお肌に。

汗や皮脂による化粧くずれをなるべく防ぐために、夏にリキッドファンデーションを使用する際は、ベースをきちんと作り込み、その上から薄くファンデーションを塗るのがおすすめ。くずれを気にして夏はリキッドファンデーションを避けがちな方も多いかもしれませんが、付ける量や下地次第で夏でもリキッドファンデーションならではの綺麗なツヤ肌作りが叶いますよ。

04
パウダー:〈NARS〉「ライトリフレクティングセッティングパウダー プレスト N」

ファンデーションまで済んだら、フェイスパウダーでセットキープ。〈NARS〉「ライトリフレクティングセッティングパウダー プレスト N」、通称“リフ粉”はベースメイクの持ちをアップさせるフェイスパウダー界の中でも人気のアイテム。

粉っぽくなりにくく、下地やファンデーションで作った綺麗なツヤ肌を保ちながら、汗や皮脂によるくずれを防いでくれるおすすめのフェイスパウダーです。

くずしたくない方はパフで、ツヤ感重視の方はブラシを使うのがポイント。こちらでこの夏おすすめのくずれにくいベースメイクの完成です!

05
日焼け止めクッション:〈アディクション〉「スキンケアUV タッチアップ クッション」

そしてここからは番外編。突然ですが、皆さんは日中の日焼け止めの塗り直しをしていますか?諸説ありますが、日焼け止めは皮脂や汗で落ちてしまうこともあるので、数時間に1回は塗り直しをするのがおすすめ。私も、1日に3回は塗り直しをしています。

ただ、悩むのがメイクの上からの塗り直し。そこでおすすめなのが〈アディクション〉「スキンケアUV タッチアップ クッション」です。クッションタイプなので手が汚れにくく、外出先でも簡単に日焼け止めの塗り直しが可能。メイクの上から使っても、ファンデーションがよれにくいのも特徴です。

「002 ロージーラベンダー」は血色感の出るピンクカラーなので、チーク代わりにも。私は頬の高い部分を多めにポンポンと乗せて、チークのメイク直しとしても使用しています。カラーレスタイプもあるので、用途やお好みに合わせて選べるのですが、とても便利なのでこの夏は毎日持ち歩くことになりそうです。


使用するアイテムや使い方次第で、夏でもくずれにくいベースメイクを楽しむことができます。紫外線対策もしながら、この夏もベースメイクを一緒に楽しみましょうね!

EDITOR

MAQUIAエキスパート

maki

なかなかしにくい日焼け止めの塗り直しですが、私はきちんと塗り直しをしています。ぜひ皆さんも習慣化してみてくださいね。
肌悩み
  • シミ・色素沈着
好きなメイク
  • ツヤメイク
コスメの悩み
  • 眉を左右対称に描くのが苦手

大学時代は美意識について研究していたほど、美容への探究心が止まらない都内OL。艶っぽいフェミニンメイクが得意で、ダイエットやインナービューティー情報にも目がない。日本化粧品検定1級取得。

ご紹介の商品はこちら

  • ※この記事は、当記事の公開時点のものです。
  • ※価格は全て税込です。
  • ※写真と実物では、色、素材感が多少異なる場合がございます。
  • ※取り扱いの商品には数に限りがございます。
  • ※入荷が遅延する場合や急遽販売が中止になる場合がございます。
みんながリアルに買った!2024年上半期ベストコスメ大発表!

関連記事はこちら