【2022年度版】編集部おすすめ!単色&パレットのデパコスアイシャドウ20選

DEPACO編集部
エディター KATOCO
2022.07.10

アイメイクの要ともいえるアイシャドウ。カラーや質感など、バリエーションが豊富なアイシャドウはいくつ持っていても心が躍りますよね。
微妙なカラーや質感の差で雰囲気がガラッと変わるため、自分に合ったものを選ぶことが大切ですが、多くのブランドがさまざまな商品を展開しているため、「実はどれを買ったらいいか未だによく分からない…」という方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、アイシャドウの種類やおすすめの選び方を改めて解説!さらに、定番カラーから最旬カラーまで、デパコスで人気の単色&パレットアイシャドウ20選をご紹介していきます。

目次

01
アイシャドウの種類

アイシャドウの種類

アイシャドウは主にそのテクスチャーによって、パウダー、クリーム、リキッドなどに分かれます。そこでまずは、それぞれのアイシャドウのタイプについて分かりやすく解説していきます。

パウダー
アイシャドウの中で最もオーソドックスといえる、粉状のアイシャドウです。ふんわりと軽いつけ心地で、色の濃淡やグラデーションが作りやすいため、初心者さんでも使いやすいのが魅力。
各ブランドが幅広いカラーを展開しているほか、パールやラメ、マットやシアーなどその質感もさまざまで、豊富なバリエーションが楽しめます。

クリーム
粉と液体の中間ともいえるクリーム状のアイシャドウ。肌に馴染みやすい滑らかなテクスチャーで、乾燥肌の方にもおすすめです。
ツヤのある仕上がりや、粉飛びが少ないのもGOOD。肌馴染みの良いカラーなら、パウダータイプのベースとしても使用できます。

リキッド
グロスのようなパッケージが特徴的な、液体ベースのアイシャドウです。伸びの良いテクスチャーで、まぶたにピタッと密着して、みずみずしくツヤ感のある仕上がりに。
高発色のものや大粒のラメが入ったものなど、華やかなアイテムが多いため、ひとつ持っておくとイベントのときなどにも重宝します♪

02
単色アイシャドウの魅力

単色アイシャドウの魅力

単色アイシャドウは、1色ずつ好きな色を購入できるのが魅力♪さまざまなカラーや質感のものを自由にセレクトして、自分だけのメイクが楽しめます。
また、複数色がセットになっているアイシャドウパレットに比べると、お手頃価格であることが多いため、アクセントカラーやトレンドカラーを気軽に取り入れたいときにもおすすめです。
小さくて持ち運びがしやすいことから、メイク直しや旅行のときにも◎。

03
単色アイシャドウの選び方

単色アイシャドウの選び方

単色アイシャドウの最大の魅力は、そのバリエーションの豊富さにあります。
しかし、だからこそ「どれを選んだらいいかよく分からない」という方も多いかもしれませんね。
そこで、ここからは「自分に合った単色アイシャドウの選び方」についてご紹介していきます。

  1. カラーや質感で選ぶ
    単色アイシャドウの選び方としてはまず、「用途や目的に合わせたカラーや質感のものを選ぶ」という方法があげられます。
    例えば「イエローメイクに挑戦したいけど優しい発色のものがいい」「涙袋用にパール感のあるベージュ系のアイシャドウが欲しい」など、具体的なイメージがあると、よりお気に入りの一品が見つけやすくなりますよ♪

    ちなみに、アイシャドウの質感には主に、マットやパール、ラメの3種類があります。それぞれの特徴は以下の通りです。

    ・マット
    目元に自然な陰影をつけてくれる、ナチュラルな仕上がり。顔をすっきりと見せてくれるほか、アイメイクの締め色としてもおすすめです。

    ・パール
    繊細で上品なきらめきをまぶたに与えてくれます。涙袋の強調など、下まぶたをふっくらと見せるのにも効果的です。

    ・ラメ
    パールよりも大粒のきらめきで、目元を華やかに見せてくれます。まぶたの中央や目頭などのポイントメイクにも◎。
  2. なりたい雰囲気で選ぶ
    「どんな雰囲気になりたいか」「どんなメイクがしたいか」など、自分がなりたいイメージや、お出かけのシーンを想定しておくと、ある程度選択肢が絞れてきます。
    特に、普段つけないような色にも挑戦しやすいというのは、単色アイシャドウの大きな魅力のひとつ。このため、イメージチェンジしたいときやイベントのときなどは、思い切ってトレンドカラーやビビッドなポイントカラーにトライしてみるのもおすすめです。
    また、一から単色アイシャドウを組み合わせてメイクするのもいいですが、いつものメイクに単色アイシャドウをプラスするというのもひとつの手段。例えば、ベースとしてパールやラメ入りのベージュ、またはラベンダーカラーの単色アイシャドウを仕込んだり、仕上げにまぶたの上にのせたりするだけで、キラキラしていつもと違った雰囲気が楽しめますよ♪
  3. 汎用性で選ぶ
    単色アイシャドウのなかには、アイシャドウ以外の役割もこなせるものがあるんです。
    例えばベージュ系ならアイシャドウベースやハイライトとして、ブラウン系ならアイブロウやシェーディングに使えるものがあります。
    旅行のときや小さいバッグでお出かけするときは、こういった汎用性の高い単色アイシャドウを忍ばせておくと荷物が減らせますし、お直しにも便利です♪

それでは以上のポイントを踏まえて、ここからはDEPACO編集部おすすめのデパコス単色アイシャドウをご紹介していきます!

04
明るく澄んだ目元を演出

明るく澄んだ目元を演出してくれる〈ルナソル〉の単色アイシャドウ。まぶたに滑らかなツヤと上質な輝きを与えることで、自然な華やかさをもたらしてくれます。
ベースカラーとしてはもちろん、最後にアイシャドウの上から重ねればいつものメイクに輝きをオン。さらにハイライトとして使用することもできるため、デイリー使いできるベージュをお探しの方におすすめの一品です。

05
光を味方につけた上品な輝き

リッチなラメがきらめく、滑らかな塗り心地が特徴的な単色アイシャドウ。あらゆる角度から光を吸収・反射することで、このアイシャドウにしか出せないような上品なツヤ感と輝きを実現します。
粉飛びしにくい空気のように柔らかな質感で、ぴったりとまぶたにフィットして美しい色が長持ちするのも魅力です。

06
夜空を照らす星のようにまぶたをライトアップ

メタリックで華やかな印象がお好きな方におすすめしたい〈アディクション〉のリキッドタイプのアイシャドウ。
ひと塗りで、まるで星屑を詰め込んだようなまばゆいきらめきと、濡れたようなツヤがまぶたにピタッと密着。インパクトのある目元に仕上がります。美しい発色と贅沢な輝きが長時間続くので、パーティシーンやイベント時にも大活躍すること間違いなしの一品です♪

07
ベースにも使える繊細パール

〈アディクション〉で人気の「ザ アイシャドウ」シリーズのひとつ。同じシリーズに「パール」「スパークル」「マット」「クリーム」がありますが、こちらの「ティント」タイプは、特に肌との一体感にこだわったタイプ。
まぶたにのせると繊細で上品なパールが均一に伸び広がり、ツヤやかな目元に仕上げてくれます。バームのようにとろける質感のため、アイシャドウベースにも使えます。

08
新たな表情を生み出すニュアンスカラー

一度使うとわかる、絶妙なニュアンスカラーのアイシャドウ。1色でラフに完成させても、何色かをミックスしても美しく目元を彩ってくれます。
メイクしている間、デリケートな目元の肌を保護し、うるおいを守ってくれるのも魅力的。一見ビビッドに見えるカラーでも、肌にのせるとスッと馴染んでくれるため、カラーメイクに挑戦したいナチュラル派の方にもおすすめですよ。

09
ポップなカラーで今っぽアイが完成♪

パウダーとジェルの融合で、軽く自由な質感を叶えた〈SHISEIDO〉のアイシャドウです。
ベージュやブラウンなどのベーシックカラーから、イエローなどのお洒落なポップカラー、そして大人ディープなネイビーまで、幅広いラインアップが勢揃い。アイブロウにも使えるため、アイカラーと合わせて使えば、簡単に統一感のある今っぽいメイクが完成します♪

10
クリーム×リキッド×パウダーのいいとこ取り!

クリームタイプの滑らかさと、リキッドタイプのブレンドのしやすさ、そしてパウダータイプの仕上がりを兼ね備えた、まさにいいとこ取りともいえるアイシャドウです。
光を鮮やかに反射して、輝きのある立体的な目元を演出します。重ね方ひとつで、シアーな発色からメタリック感まで、幅広いバリエーションの仕上がりが叶う一品です。

11
ぷにぷにの感触が心地良い

ぷにぷにした感触が心地良い、淡くやわらかなアイシャドウです。オイルとパールの相乗効果で、濡れたようなツヤをまぶたにオン。一度塗りだと透けるような仕上がりですが、重ねるほどに色と輝きが際立つため、濃淡を簡単に作ることができます。
その日の気分やファッションに合わせて、ときに柔らかく、そしてときには大胆に、魅力的なアイを演出してみてくださいね。〈ポール & ジョー ボーテ〉らしさ溢れる可愛らしいケースで、持ち歩きにもおすすめです。

12
みずみずしい輝きがピタッと密着

キラキラとしたツヤめきが魅力の〈エムアイエムシー〉のリキッドアイシャドウ。ぴたっと薄づきでまぶたに密着するため、ヨレにくいのがうれしいポイントです。
一見ラメが強そうに見えるかもしれませんが、上品な仕上がりになるため、ナチュラル志向の方にもおすすめ。みずみずしいテクスチャーが、まぶたに発光するような上品なツヤと輝きを与え、目元に自然な透明感(※)をもたらしてくれます。

※メイクアップ効果によるもの

13
重ねてもクリアに発色するツヤやかカラー

3種の異なる質感×高発色で目元を彩る〈スック〉の大人気アイシャドウ。滑らかなテクスチャーと、重ねてもにごりにくい高純度の発色が、これひとつでツヤやかな目元へと導いてくれます。
フロスト、シルク、ステラーの3つの異なるツヤ感のなかから、ぜひお気に入りの質感をチョイスしてみてください♪

14
アイシャドウパレットの魅力

アイシャドウパレットの魅力

複数のカラーがひとつのパレットに入っているアイシャドウパレット。
基本的に、ベース色・中間色・締め色がセットになっているため、深みのあるアイメイクが完成するのがアイシャドウパレットの魅力です。
色の違いだけでなく、マットやパール、ラメなど異なる質感を組み合わせているものも多いため、ひとつのパレットで何通りものメイクが楽しめます。特に上級者の方は、カラーの豊富な多色パレットを選ぶことで、幅広い仕上がりが楽しめるでしょう。

15
アイシャドウパレットの選び方

アイシャドウパレットの選び方

アイシャドウパレットは、基本的に組み合わせやすい色味で構成されているため、初心者の方でも簡単に美しいグラデーションが作りやすいのが魅力。
しかし、1色から選べる単色アイシャドウと比べて、複数の色がセットになっているため「何を基準にして選べばいいか分からない」という方も多いかもしれませんね。

そこで単色アイシャドウの次は、アイシャドウパレットの選び方についてご紹介していきます。

  1. パーソナルカラーで選ぶ
    メイクをするときは、季節やTPO、その日のファッションに合わせてアイテムを選ぶというのが一般的な方法ですね。
    しかし、最近ではこういった要素に加えて「自分のパーソナルカラーに合わせてコスメを選ぶ」という方法も主流になってきています。
    パーソナルカラーとは、それぞれの肌が美しく見える色のことで、生まれ持った肌や髪、瞳の色などから導き出せるといわれています。
    大きく分けると、黄みを含んだ色がきれいに映えるイエローベース(イエベ)と、青みを含んだ色がきれいに映えるブルーベース(ブルベ)に分かれ、さらにそのなかでも色の彩度や明度などによって、春、夏、秋、冬の4タイプに分けられるのが一般的です。
    こういった自分のパーソナルカラーを知っておくと、イエベの方は暖色系、ブルベの方は寒色系など、自分に似合うアイシャドウパレットを見つけやすくなります。
  2. 仕上がりで選ぶ
    アイシャドウパレットの色の組み合わせは、アイテムのコンセプトによって異なります。
    普段使いしやすいのは、定番のブラウンやベージュカラーで構成されているパレット。季節感や旬っぽさを取り入れたいなら、トレンドカラーやビビッドカラーも入ったパレットがおすすめです。
    また、3~4色のアイテムなら誰でも自然なグラデーションを作ることができるので、メイク初心者さんにぴったり♪
    手順通りに塗るだけで、ナチュラルやフェミニンなど思い通りの印象に仕上げてくれるものも多いため、自分好みのカラーが揃ったものや、なりたい雰囲気に合ったものを選ぶとよいでしょう。
  3. 表現の幅広さで選ぶ
    メイク好きな方やメイク上級者の方は、ブルー系やピンク系、ベージュ系などカラーが豊富に入った多色パレットがおすすめです。
    さまざまな色を組み合わせることで、おしゃれな目元やトレンド感のある目元など、幅広いアイメイクが叶います。
    また、なかにはアイシャドウだけでなく、リップ、チーク、アイシャドウ、ボディなどさまざまなパーツに使えるものもあり、パレットひとつでさらに自由な表現が楽しめますよ♪

それでは以上のポイントを踏まえて、ここからはDEPACO編集部おすすめのデパコスアイシャドウパレットをご紹介していきます!

16
自由な表現を叶える12色のマルチパレット

まるで絵の具のように楽しく、さまざまな目的で使える〈メイクアップフォーエバー〉の12色のマルチパレット。
耐水性に優れたクリーム状のカラーはアイシャドウだけでなく、リップやチーク、そしてボディなどにも使用でき、まさにプロツールといえるでしょう。幅広い色の組み合わせが楽しめるため、メイク上級者やカラフル好きな方にぜひおすすめしたい一品です。

17
言わずと知れた4色アイシャドウの名品

〈トム フォード ビューティ〉の名品4色アイシャドウ。憧れのアイシャドウとして名前を挙げる方も多い、大人気のアイテムです。
シアースパークル、サテン、シマー、マットの異なる質感が絶妙に配色されたパレットで、鮮やかで奥行きのある発色と、色持ちの良さが魅力。これひとつで、柔らかな印象のモテ顔メイクから大人っぽいモード系メイクまで、幅広い仕上がりが叶います♪

18
4種のテクスチャーが楽しめる9色パレット

〈ジバンシイ〉が選び抜いた、9色ミックスの新アイシャドウ。“neuf(ヌフ)”とはフランス語で数字の「9」という意味で、その名の通りマット、サテン、グリッター、メタリックの9色のテクスチャーで構成されています。
バリエーション豊富なカラーで、いろいろな表情を演出できるのが魅力的ですよね♪クリーミーで重ねづけしやすいテクスチャーがぴったりと肌にフィットして、メイク直後の美しい仕上がりが長時間持続します。

19
しっかり発色がお好きな方におすすめの濃厚カラー

大人気の〈NARS〉の4色パレット。贅沢なテクスチャーと、ひと塗りで映えるインパクトのある濃厚カラーに魅了される方が、今もなお続出中の逸品です。
しなやかなマット、光沢のあるサテン、マルチにきらめくグリッターと、これひとつで幅広い仕上がりが叶います。特に、しっかりとした発色がお好みの方におすすめです。

20
花びらを重ねたような上品な仕上がり

花モチーフのジュエリーをイメージしたデザインが可愛らしい〈ジルスチュアート〉のアイカラーパレット。陽だまりのような光とツヤ感を与えてくれる中心のシマーブライトカラーと、やわらかな透明感(※)で奥行きを出してくれるペダルカラー4色が1つになっています。
まるで光で透けた花びらが重なり合うように、繊細でツヤやかな彩りをまぶたにもたらしてくれる上品なアイテムです。

※メイクアップ効果によるもの

21
旬顔が完成するおしゃれカラー

肌色に溶け込んで、透けるように軽やかに仕上がるクリームアイシャドウパレット。ゆらめくような輝きのグラデーションが素早く完成します。
1色使いでニュアンスが生まれ、2色使いだとバランスのとれた仕上がりに。さらに3色使いで奥行きが増し、4色使いでまなざし本来の深みを引き出してくれるなど、セレクトする色や数でさまざまな印象に仕上がります。
どのカラーも旬っぽく仕上がるため、しゃれ感が欲しいという方にベストなアイシャドウです。

22
上質な大人のベージュメイクなら

定番のベージュシャドウといえば、真っ先に名前があがるほど人気の〈ルナソル〉のパレット。ベージュを基調としたナチュラルカラーの4色が、自然な立体感を生み出します。
どの色を組み合わせてもこなれ感が出るので、初心者の方やオフィスメイクにもおすすめです♪澄んだ色と光が、肌そのものの美しさを際立たせてくれますよ。持っておいて損のない、ベージュパレットだといえるでしょう。

23
ナチュラル派におすすめのカジュアルな仕上がり

2段式のケースで、上段にクリームアイシャドウ、下段にパウダーアイシャドウが入った2色パレット。クリームのみ、パウダーのみ、2色重ねの3WAYで使用できます。
まぶたにとけ込むように馴染むクリアな発色のクリーム、そしてきめ細かなパールが配合されたパウダーが、ツヤやかな目元を演出。誰でも簡単に組み合わせができ、軽やかでカジュアルに仕上がるので、メイク初心者の方やナチュラル派の方におすすめです。

24
異なる質感のナチュラルカラーが大集結!

パール、メタリック、マットの異なる質感のナチュラルカラーが9色集結したゴージャスなアイシャドウパレット。使いやすく、組み合わせやすい色がセットになっているので、幅広いナチュラルアイメイクが楽しめます。
用途もアイメイクに限らず、自然なシェーディングからハイライトまで幅広く使用できるため、表現のバリエーションは実に多彩。ココナッツバター(※)配合のクリーミーでつけ心地がよいテクスチャーが、どんな肌色にも馴染んでリッチに発色します。

※ヤシ油、エモリエント成分

25
テクニックいらずで目元に美しい陰影

テクニックなしで目元に美しい陰影を作れる、4色のベーシックアイシャドウです。植物由来オイル(※)が高配合され、しっとりとした使用感と密着感でまぶたを彩ります。
意外性を秘めたカラーとテクスチャーで、誰でも絶妙な抜け感が演出できるのが魅力。色のつき具合やのせ方をほんの少し調整するだけで、豊富なバリエーションのアイメイクが楽しめますよ。

※アルガニアスピノサ核油(オーガニック認証原料)・ローズヒップ(すべて保湿成分)

26
あなたにぴったりのアイシャドウで、魅力的なアイを叶えよう♪

あなたにぴったりのアイシャドウで、魅力的なアイを叶えよう

お好みのアイシャドウは見つかりましたか?
1色ずつ好きな色を購入できる単色アイシャドウと、ひとつで手軽にアイメイクが完成するアイシャドウパレットには、どちらも違った魅力があります。
自分のなりたい雰囲気やシーンに合わせたアイシャドウ選びで、毎日のメイクをぜひ楽しんでくださいね。

EDITOR

DEPACO編集部

エディター KATOCO

皆さんは、単色アイシャドウかパレットアイシャドウどちらが好みですか?私はグラデーションの作りやすさや、ミラー付きの便利さから、パレットアイシャドウ派です♪
肌悩み
  • 脂性肌
好きなメイク
  • 透明感アップメイク
コスメの悩み
  • 皮脂によるベースメイク崩れ

入社後1年半、コスメのセレクトショップ「アミューズ ボーテ」で接客担当として勤務。美容への探究心から日本化粧品検定1級・コスメコンシェルジュ資格を取得。“無理せずキレイにきちんと見える”を合言葉に、時短のケア・メイクを追求中。ミニマリストに憧れて、断捨離がマイブーム。

ご紹介の商品はこちら

  • ※この記事は、当記事の公開時点のものです。
  • ※価格は全て税込です。
  • ※写真と実物では、色、素材感が多少異なる場合がございます。
  • ※取り扱いの商品には数に限りがございます。
  • ※入荷が遅延する場合や急遽販売が中止になる場合がございます。

このコンテンツをシェアする:

関連記事はこちら