税込5,400円以上で送料無料
大丸松坂屋オンラインストアをご利用中のお客様へ
【初心者向け】ワンランク上の顔印象を目指す〈イプサ〉のハイライト&簡単テクニック!あふれるツヤでメリハリUP #MAQUIA

【初心者向け】ワンランク上の顔印象を目指す〈イプサ〉のハイライト&簡単テクニック!あふれるツヤでメリハリUP #MAQUIA

MAQUIAエキスパート
AYU
2024/03/09
年を重ねるほどに味方につけるべきメイクアップアイテムは「ハイライター」だと個人的には思っています。なぜなら、重力により肌は下がりやすく、顔に余白が増え、全体がのっぺりと平面的な印象になりがちだから。光で視線を集めて、立体感を演出してくれるハイライターは、使いこなせれば顔の印象も上手に操作することができます。

…とはいえ、意外と使い慣れないアイテムかもしれません。今回は、ハイライト初心者さんでも取り入れやすいアイテム&テクニックについて詳しくお伝えします

01
【新発想】ワンランク上の顔印象を目指すハイライター〈イプサ〉

今回、ご紹介するのはこちらのハイライター!まず目を引くのは、マーブル状になっているこの可愛いビジュアルです。白いレフ板効果の「ホワイト層」と、これを白浮きしにくいよう肌なじみを叶える「カラー層」の2層のマーブル設計
【新発想】ワンランク上の顔印象を目指すハイライター〈イプサ〉
また、今回はブルーをチョイスしていますが、そのほかにはイエローとピンクもあり3色展開です。カラー層は〈イプサ〉の店頭で肌測定器イプサライザーを使用し、自身の肌に足りない光の色を測定して選ぶことができます。一人一人の肌の光反射に合わせ、透明感・ツヤ感・立体感までアップ(※)させてくれるハイライターなんです。

※メイクアップ効果によるもの。
【新発想】ワンランク上の顔印象を目指すハイライター〈イプサ〉
スティック状のハイライトを肌に乗せると、濡れツヤが出現します!それでは使い方を解説していきます。

02
【超簡単】滲み出るような発光感を演出する方法

【超簡単】滲み出るような発光感を演出する方法
方法も簡単!目の下のゾーンにハイライターを直塗りし、指でトントンとまるくなじませます。そのあとにファンデーションやチークを重ねれば、ハイライトのみずみずしい発光感が現れます。

注意点としては小鼻のラインよりも上に、眉尻のラインよりも内側のゾーンに乗せること。そのゾーンを越えてしまうと、逆に顔が下に下がって見えたり、横に広がって見えてしまうから気をつけましょう。

03
【要注意】テカリではなくツヤを宿す

前項で触れた通り、ハイライトの難しさは乗せる位置や面積を間違うと、途端に下品になってしまう可能性も潜んでいる点です。冒頭にも書きましたが、ツヤはのっぺり大きく見えがちな顔を、立体的にかつ新鮮に見せてくれます。逆に、「ツヤ」ではなく「テカリ」はTゾーンや小鼻、ほうれい線に現れるので、ハイライトを乗せる位置は要注意です!
【要注意】テカリではなくツヤを宿す
そのほかの使用方法としては、より強くツヤ感を出したいときに、ファンデーションの後にハイライトを指で適量とり、トントンと軽く叩き込むようになじませて。美しいツヤというのは、基本、顔の高い位置に宿るもの。具体的には、おでこ、鼻根部や目頭、そして唇の山の上や顎先にハイライトを乗せるのが正解です!鼻筋が通ったメリハリ感、ぷるんとした立体的な唇、うるんだピュアな目元が演出できます。


ハイライト初心者さんでもトライしやすい〈イプサ〉のハイライターをご紹介しました。ほかにもパールの有無やパウダータイプなど、さまざまなハイライトが存在します。アイテムや使い方次第でも印象はガラリと変わるので、なりたい肌に合わせて使いこなせるようにいろいろと試してみてください。

EDITOR

MAQUIAエキスパート

AYU

うるうるなツヤを出してくれるアイテムを味方につけて、顔の立体感を作り出していきましょう!〈イプサ〉のハイライターなら、保湿力もあって、持ち運びにも便利なサイズ感なのでお直し用としても◎。
肌悩み
  • 毛穴
好きなメイク
  • フェミニンメイク
コスメの悩み
  • ベースメイクの崩れ

元ネイリスト/化粧品検定1級/スキンケアマニア。眉メイクが得意で、大人でも可愛くかつ、ぬけ感のあるメイクが好き!自分らしさを生かして綺麗になる美容情報を発信。

ご紹介の商品はこちら

  • ※この記事は、当記事の公開時点のものです。
  • ※価格は全て税込です。
  • ※写真と実物では、色、素材感が多少異なる場合がございます。
  • ※取り扱いの商品には数に限りがございます。
  • ※入荷が遅延する場合や急遽販売が中止になる場合がございます。
SDGs×Beauty未来にバトンをつなぐ、コスメでアクション

関連記事はこちら