お得なDEPACO限定クーポン
離れ目をカバーするメイク方法は?目の形別のメイクのコツをご紹介

離れ目をカバーするメイク方法は?目の形別のメイクのコツをご紹介

DEPACO編集部
エディター YAMACO
2023/01/23

離れ目さんには、穏やかで優しい印象を持たれたり、親しみやすく思われたりするという魅力があります。ただ、時には、キリッと格好良い雰囲気を演出したいこともありますよね。
そこで今回は、離れ目をカバーして、印象を変えるメイク方法について、編集部が詳しく解説。基本的なテクニックから目のタイプ別のコツなどを紹介していますので、ぜひ、チェックしてみてくださいね。

01
離れ目さんってどんなタイプ?

離れ目さんは、「目と目の間」が「自分の目の幅より広め」の顔タイプのことです。離れ目さんは鼻の付け根の部分が広いことで表情がふんわり柔らかい印象になり、初対面の人にも親しみやすい雰囲気を与えます。中には実年齢より若く見られる人も。
ただ仕事などのシーンでは、キリッと大人っぽく、落ち着いたキャラクターに見せたい時もありますよね。そんな時はメイクで補正する方法を知っておくと便利ですよ。
一般的に美しい目元のバランスは、「左目の幅:目と目の間:右目の幅」の比率が「1:1:1」といわれています。メイクの錯覚を利用して、目の間が近づいたように見せられれば、いつもと違うイメージを演出できるはず。ぜひ、そんなメイク方法を覚えておきましょう。

02
離れ目さんにおすすめのメイクテクニック

アイライン&マスカラ

目と目の間隔を近く見せるために、まず覚えておきたいのがアイラインの使い方です。
アイラインを上まぶたの際全体に入れた後、目頭のくの字の部分に意識して入れると、目と目が近づいたように見えます。使うのはペンシルでもリキッドでも自分が使いやすいタイプでOK。ただし、目立たせたいからと強めの色で太く入れると、わざとらしく見えてしまうことも。あくまでもナチュラルに見えるように仕上げてくださいね。
また、上まぶたのアイラインの目尻側は、目の幅までにとどめるのが◎。長めにしたり、跳ね上げたりすると目の外側が強調され、メイクの錯覚効果が薄れてしまいます。マスカラも、アイラインと同様目尻側を強調し過ぎないように塗るのがポイントです。


漆黒のラインが落とすまで続く、ウォータープルーフのリキッドアイライナー


汗や涙、皮脂でにじみにくく、つけたての仕上がりが長時間持続。




アイシャドウ

次はアイシャドウを使ってまぶたを立体的に見せる(※)ことで、目と目の間隔を近く見せる方法です。
ここでも意識するのは目頭側。ちょうど"くの字ライン"を入れた上の部分にやや濃いめのアイシャドウをのせ、目尻に向かってのばします。目頭から目尻へ自然なグラデーションをつくることで、目と目の間隔が近く見えるような仕上がりになりますよ。
カラーはブラウンやピンク、オレンジといった肌なじみのよい色がおすすめです。

※メイクアップ効果によるもの。


カラーシンフォニーを楽しむ、花びら型のアイカラーパレット




眉メイク

アイブロウは、眉頭の間隔を狭めるよう意識してメイクするのが大切。まずは大まかな眉の長さを決めますが、この時、眉尻をやや短めにすることがポイントです。
次にペンシルやリキッドタイプのペンで、足りない眉毛を1本1本足すように丁寧に描きます。この時も眉の中央より眉頭寄りを少し濃いめに。もともとの眉毛が薄い方は、アイブロウパウダーを使うのもおすすめです。最後にブラシやアイブロウマスカラで整え、立体眉(※)に仕上げましょう。

※メイクアップ効果によるもの。


ふんわり影色で顔立ちになじむアイブロウペンシル


なりたいイメージにあわせて色をブレンドできるアイブロウパウダー

03
【目のタイプ別】離れ目さんのメイクのコツ

離れ目さんにおすすめの基本的なアイメイクがわかったところで、ここからは目のタイプ別にメイクのポイント・コツを見ていきましょう。




離れ目一重さんのメイク

離れ目一重さんは、アイラインをやや太めに描くのがコツです。上まぶたのまつ毛の隙間を、ブラックやブラウンのアイライナーで埋めるように、目尻から目頭まで太めに描いていきましょう。くの字ラインも忘れずに。
下まぶたにはアイラインを入れず、ハイライトペンシルや明るめのアイシャドウを入れて、目頭のラインを際立たせます。キリッとしたイメージになり、目と目が近づいた印象に仕上がります。

一重さんにおすすめのメイクテクニックについて詳しく知りたい方はこちらから

■一重メイクで目元が一気にあか抜けるテクニック!〈編集部が徹底解説〉→



離れ目奥二重さんのメイク

離れ目奥二重さんは、ナチュラルカラーのアイシャドウを使う&顔の中心をハイライトで強調させるのがコツです。
奥二重の方は二重の幅が狭いので、暗めのアイシャドウを選ぶとかえって目元が小さく見えてしまう可能性があるので、ナチュラルカラーのアイシャドウがおすすめです。
また、目頭から鼻の付け根に向かってハイライトをプラスすることで、目元に自然な立体感(※)が出せ、離れ目もカモフラージュできます。ハイライトでツヤを集めるといきいきとした印象に仕上がり、一石二鳥ですよ。

※メイクアップ効果によるもの


奥二重さんにおすすめのメイクテクニックについて詳しく知りたい方はこちらから

■奥二重を生かして"大人かわいいあか抜け顔"に!部位別アイメイクのポイント徹底解説→



離れ目二重さんのメイク

離れ目二重さんは、アイシャドウと眉メイクをうまく活用して、離れ目をカバーするのがコツです。
目頭に入れるアイシャドウをノーズシャドウのようなイメージで広めにのせ、眉間の間を近づけるように見せていきます。また、アイブロウは目頭側をやや太めにするのがポイントです。
濃いめのアイシャドウも似合う二重さんですが、まぶたも、眉も、と全部を強調しすぎるとメイクが濃い印象になりがちなので、バランスを見ながらポイントを絞りましょう。グラデーションにしたり、色の境目をぼかしたりするだけでも、ナチュラルな印象になりますよ。

04
離れ目さんがメイクする際に注意したいポイント

ここでは、離れ目さんがメイクする上で気をつけたいポイントを改めてご紹介します。




締め色アイシャドウは目頭に

目と目の間隔を近づけるように見せるには、目頭のインパクトを強めにすることが必要です。アイシャドウの「締め色」と呼ばれるような濃い目のカラーは、目頭~黒目の上あたりまではしっかり入れて、目尻側は強調し過ぎないのがポイント。目尻あたりは肌なじみのいい色を使ってグラデーションをつけると、自然と目元が大きく見えますよ。




アイラインは短めに

アイラインは短めを心がけましょう。アイシャドウと同様、目尻までアイラインを強調するように引いてしまうと、離れ目がさらに強調されてしまいます。目尻側は伸ばし過ぎず、跳ね上げラインなども外側が強調されてしまうので避けたほうが無難です。




眉頭の位置と太さのバランス

離れ目さんは眉メイクも眉尻を気持ち短めに。逆に眉頭は本来の位置より少し内側を意識して描くと、目と目の間隔が近づいて見えますよ。
また、眉毛の太さも大切です。顔の空間を埋めるイメージで、適度な太さをキープしましょう。眉頭は太めに、眉尻に向かって自然に細くなっていくようなイメージで描くと、離れ目さんに合った眉に仕上がります。

05
メイクテクニックで印象チェンジを楽しもう

離れ目さんは柔らかく親しみやすい雰囲気が素敵ですが、違う印象に見せたいシーンもあるもの。今回ご紹介したメイクテクニックを使って、いろいろな表情を楽しんでくださいね。


今回ご紹介したアイテムはこちら

EDITOR

DEPACO編集部

エディター YAMACO

たまには、「いつもと違った印象に見せたい!」と思うときがありますよね。今回ご紹介したメイクテクニックを取り入れて、ぜひ、印象チェンジに役立ててみてください♪
肌悩み
  • 混合肌・ニキビ
好きなメイク
  • ビビッドカラーを使ったメイク
コスメの悩み
  • 唇の血色が悪い

入社後1年半、コスメのセレクトショップ「アミューズ ボーテ」で接客担当として勤務。「毎日イメチェン」をモットーに、メイクもヘアも気の赴くままにコロコロ変えるのが好き。特にビビッドカラーのコスメにときめく。趣味は音楽を聴くこと、太陽の光を浴びること。

ご紹介の商品はこちら

  • ※この記事は、当記事の公開時点のものです。
  • ※価格は全て税込です。
  • ※写真と実物では、色、素材感が多少異なる場合がございます。
  • ※取り扱いの商品には数に限りがございます。
  • ※入荷が遅延する場合や急遽販売が中止になる場合がございます。

このコンテンツをシェアする:

関連記事はこちら